top of page

​プロフィール

自己紹介

 

日伊ハーフとしてフランスに生まれ、わたしは日本とヨーロッパを

行ったりきたりしながら育ちました。若い頃から、人の幸福をテーマに

癒しの世界へ共感し、積極的に様々なメソードのワークショップに参加しました。

 

2006年、ノルウェーへの旅行中、わたしは靴をひとめ見ただけで

背骨の不均衡を 見ることができるパキスタンの靴職人に出会いました。

彼は、仕事の合間をぬって空いた時間に、パキスタンに住んでいる間ある老人から学んだ、寛大なマッサージオイルを施術をしてくれました。

そんな中、心と体の安らぎを強く感じ彼の一言がジーンと心に染みました。

 

「足は体ぜんたいを支えているんだよ。

わたし達のバランスは姿勢によって左右される。

そして、内なる穏やかさは、外の世界にも広がっていく。」

 

フランスに戻った私は、その翌年の2007年に、旧サン・サルバドル・ローラン氏の指圧・ヨガ・センター(「色心道」学校、パリ12区)のもとで、

指圧を学ぶことを決意しました。指圧には様々な流派がありますが、

私が学んだのは、増永静人流指圧の影響を受けた「肉体と精神の道」です。

「優しい芽ろぺ・指圧院」では、ご自身リラックスするための鍵と

生涯をともにする「からだ」に感動できるような

アプローチを提供できればと思います。

 

 

あや
 

bottom of page